Tilt Brushで絵を描くようにワールドをつくる

投稿者:

「Creators Guide」は、バーチャルSNS「cluster」で「つくる」ことにチャレンジしてみたい方に向けた導入ガイドです。

Creators Guideで読むことができるすべての情報はこちらにまとめています。


今回は、Tilt Brushを使って描いた世界をclusterワールドに導入する方法について紹介します。

Tilt Brushとは3Dの仮想空間で3Dの絵を描くことができるGoogleが開発したイラストレーションツールです。

2021年1月末に積極的な開発は停止となりオープンソース化していますが、VIVEやOculus Rift、Oculus QuestなどさまざまなVRデバイスで利用可能で、2000円弱(2021年6月時点)で購入し、利用することができます。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

clusterでもTilt Brushで作成された、さまざまなワールドがアップロードされています。

TiltBrushの世界【Fairy of Spring】
VRマンガ”Apple Bunny”
TomYamVR’s works #v雪(ワールド制作協力:かわしぃ、レイブン@raven副部長
​#v雪メンバー:VR∞M部長のウォーリー、Ywwya、Mana、ひよこ師匠、kakisis、小江華あき、俵谷年彦)

このようにTilt Brushを使うと絵本のような世界をつくれたり、絵を描くように直感的にワールドをつくることができます。
イラストが得意な方やモデリングが苦手な方にもオススメです!

目次

Unity環境の準備

まずはワールドをつくるためのUnity環境を用意します。
はじめてワールドをつくる方は下記をご覧ください!

この記事では

内のAssets/ClusterVR/Scenes内にあるMinimalSampleシーンを活用して作成していきます。

Tilt Brushで描いたものをエクスポート

最初にTilt Brushで描いたものを Unity上で扱えるように、.glb形式で3Dモデルをエクスポートする方法を紹介します。

まずはTilt Brushを開いて、好みのブラシを選んで自由に描いてみましょう。

  • 描き終わったら、左手のメニューパネルを開き、Tilt Brushのモードを「Advanced Mode」にします。
  • 再度、左手のメニューパネルから、「More Options…」を選びます。
  • 「Labs」アイコンを選びます。
  • ポップアップ表示されるウィンドウで「Export」を選びます。

エクスポートされたファイルはローカルフォルダの「PC > ドキュメント > Tilt Brush > Exports」に保存されています。

これで描いたものをエクスポートすることができました!

Unity + tilt-brush-toolkitでインポート

次はTilt Brushで描いたものをUnityに取り込みます。

tilt-brush-toolkitをインストールして、エクスポートした.glb形式のファイルをUnityにインポートすると自動的にshaderをつけてくれるようになります。

まずはtilt-brush-tooolkitをインポートします。

下記のリンク先で最新バージョン(画像ではv23.0.1)のtilt-brush-toolkit-UnitySDK-v23.0.1.unitypackageをクリックするとダウンロードすることができます。

事前にclusterにワールドをアップロードできる環境を用意しておきましょう。
新しく用意する場合は、Creators Guide のこちらの記事を参考に準備をお願いします。

ダウンロードが完了したら、Unityで準備したプロジェクトを開きます。

  • 次に、Unityを開いた状態で、ダウンロードしたUnity packageファイルをProjectにドラッグ&ドロップするか、ダブルクリックします。
  • すると、下記のウインドウが表示されるので、ThirdParty/Json-NET-for-Unityの項目のチェックを外した状態にして、Importをクリックしてください。
    ※Cluster Creator Kitに入っているdllファイルとの干渉を防ぐためにImportしないようにします。

tilt-brush-toolkitのインポートが完了したら、次にTilt Brushで描いた作品(.glb形式のファイル)をインポートします。

  • ローカルフォルダの「PC > ドキュメント > Tilt Brush > Exports」からエクスポートした.glb形式のファイルをUnityのProjectにドラッグ&ドロップをするか、UnityのProject内で右クリックをして、「Inport New Asset…」をクリックしてインポートしてください。

Assetsに自分の描いたものが確認できたら.glb形式のファイルのインポートが完了です。

インポートしたものをScene内かHierarchy内にドラッグ&ドロップをすることで、配置することができます。

最後にワールドをアップロードしてプレイしてみます。

アップロードしたワールドでも確認することができました!

以上がTilt Brushで描いた作品をclusterにアップロードする方法になります。
Tilt Brushを使うことで、絵を描くようにワールドの制作ができます!

ぜひ自分の想像する世界を描いてclusterで遊べるワールドをつくってみてはいかがでしょうか。
入手方法などは公式サイトをご覧ください。


最後に公式による記事や多くのクリエイターの皆さんによるドキュメントやコミュニティを紹介します。
ぜひ活用して自分だけのワールドを制作してみましょう!

▼ 「Cluster Creator Kit」の全てが分かる公式ドキュメント
Cluster Creator Kit ドキュメントhttps://docs.cluster.mu/creatorkit/

▼ クリエイターによる投稿記事まとめ
ワールド制作部https://note.com/cluster_official/m/m1fd772ab8f45
アバター制作部https://note.com/cluster_official/m/m6b18e343f35c
イベント制作部https://note.com/cluster_official/m/m7155e6f6887f

▼ 分からないことがあればコミュニティを活用してみましょう!
Cluster Creator Community Discord
https://discord.gg/DHQmAfDhkt