UniVRMを使って、ワールドでアバターを展示する

自慢のアバターをワールドに展示してみませんか?
今回はワールドにVRMモデルを設置する方法を解説します。

clusterにワールドをアップロードできる環境を用意しましょう!

まず、clusterにワールドをアップロードできる環境を事前に用意してください。

準備はこちらを参考にしてください。

はじめてのワールド作成

上記で紹介する方法以外ではテンプレートプロジェクトを利用するのがおすすめです。下記URLからテンプレートプロジェクトをダウンロードして、Unityで開くことで、clusterへアップロードする環境まで一気に準備することができます。
テンプレートワールドって何?って方はこちらの記事で導入方法を解説しているので、ぜひご覧ください。動画でも解説しています。

UniVRMの導入

UnityでVRMファイルを読み込むためにUniVRMを導入します。

  • clusterでのUniVRMの推奨バージョンはv0.61.1です(参考)。
  • こちらのリンクからUniVRM-0.61.1_7c03.unitypackageをダウンロードしてください。
  • ダウンロードしたunitypackageをUnityのProjectビューにドラッグアンドドロップし、表示されるImport Unity Packageウインドウで全ての項目にチェックが付いていることを確認してImportをクリックしてください。

Importすると、Consoleに大量のエラーが表示される場合があります。

  • その場合は「NUnit」というパッケージを導入してください。
  • 上部メニューの「Window」から「Package Manager」を開きます。
  • 「Unity Registry」を選択し、「NUnit」を検索します。
  • 表示されたパッケージを選んで「Install」をクリックしましょう。

インストールできるとエラーが消えるはずです。

VRMをワールドに設置する

UniVRMを導入するとUnityにVRMファイルをインポートすることができるようになります。

  • ProjectビューにVRMファイルをドラッグアンドドロップしてください。
  • ※複数ファイルに展開されるので新規フォルダの中にインポートすることをオススメします。
  • 展開されたファイルのうち、サムネイルにモデルが映っているPrefabファイルをシーン上にドラッグアンドドロップで配置することで、ワールドにアバターを設置することができます。

設置したアバターはボーンを回転・移動させたり、Humanoid用のアニメーションを設定することでポーズや動きを付けることができます。

アバターをワールドに展示して販売アバターの宣伝や「踊ってみた」などに活用してみてください!

注意点
他者の制作したアバターを展示しようとするときは、個別の利用規約に従ってください。
アバターによっては自分で着る用途のみ許可しており、ワールドに展示することなどを認めていない場合があります。
不明瞭な場合は利用を避けるか、権利者に問い合わせるなどして確認してください。

記事をシェアしてワールド制作を盛り上げよう!