9/15からワールドクラフトストアが公開!自作のモデルをcluster内で使えるアイテムとして販売できます。誰でもチャレンジできるよう記事も公開しています。

画像を3Dモデル化する準備をする──ラスター画像からベクター画像をつくろう

イラストから3Dモデルをつくろう

こちらの記事ではベクター画像を用いて3Dモデルを制作する方法を紹介しました。

ベクター画像を用意する方法の一つとしてラスター画像から作成する方法があります。この方法を使えば最初からベクター画像として用意していなかった画像もベクター画像化し、3Dモデル化ができるようになります!

前回の記事と今回の方法をマスターすることでイラストから3Dモデルを簡単に作成することができます!

ラスター画像・ベクター画像とは

ラスター画像は正方形のピクセルから成り立つ画像です。サイズを変更すると画質が落ちてしまいますが、色域の広さや色の編集をおこなうことが得意です。

一方で、ベクター画像とは数式や直線、曲線をつかって画像を表現します。数式で表現できるため画質を損なわずにサイズの変更ができます。

ベクター画像に変換してみよう

Illustrator や Inkscape など他のツールを用いてラスター画像をベクター画像に変換することができます。今回はAdobe Illustrator を用いて変換する方法を解説します。

イラストをベクター化する

  • ベクター画像に変換したいラスター画像を Illustratorで開きます。
  • 上部メニュー欄の「ウィンドウ > 画像トレース」から画像トレースウィンドウを表示します。読み込んだ画像を選択したまま、ウィンドウ下部にあるプレビューにチェックマークを入れておきましょう。
  • 読み込んだ画像を選択した状態で、画像トレースウィンドウのプリセットを「デフォルト → カラー(低)」に変更、もしくは左から3番目のモザイクアートのようなアイコンを選択します。
    • その他にもプリセットを使ってベクター画像に変換することができます。それぞれの効果は以下の通りです。
自動カラー画像からポスタリゼーション画像を作成する。
ハイカラー高い精度のフォトリアリスティックなベクター画像を作成する。
ローカラー単純化されたフォトリアリスティックなベクター画像を作成する。
グレースケール画像をグレー階調のベクター画像に変換する。
白黒画像をモノクロのベクター画像に変換する。
アウトライン画像を黒いアウトラインに単純化する。
  • 画像トレースウィンドウのカラーの数値を変更するとベクター画像の色の精度を変更することができます。
    • 詳細パネルを開くとさらにベクター画像のパスやコーナーの数などを調節することができます。詳しくは Adobe のドキュメントを参考にしてください。

パスに変換して、加工しやすくする

  • 「オブジェクト > 画像トレース > 拡張」を選択すると画像をパスに変換することができます。
  • また、パスをすべて選択した状態で「オブジェクト > パス > 単純化」を行うと余分なアンカーポイントを削減することができます。

ベクター画像(SVG)で書き出す

  • 「ファイル > 書き出し > スクリーン用に書き出し」から出力ウィンドウを表示します。
  • データ形式をSVGに変更し、書き出しましょう!

前回の記事と今回の方法をマスターすることでイラストから3Dモデルを簡単に作成することができます!つくった3Dモデルはワールドクラフトストアで販売してみるのもよいですね。

記事をシェアしてワールド制作を盛り上げよう!